ホームインスペクターとタッグを組んで欠陥のない住宅を

不具合チェックの専門家

日本には欠陥住宅の事例があまりにも多すぎるため、家を建てても、「本当にこの家は長持ちするのか、きちんと工事されているのか」と不安や疑問を抱く人たちが急増中です。
しかし最近は、欠陥住宅をチェックする専門職のホームインスペクターが登場し、住宅の欠陥工事や手抜き工事の事例のあぶり出しに役立っています。

ホームインスペクターは建築主の依頼を受けて住宅の竣工検査の際に一緒に立ち会い、手引き工事や欠陥工事の事例がないかどうか厳しくチェックします。
竣工検査で不具合を発見できれば、欠陥住宅を購入させられることは回避できます。
住宅建設に全くの素人施工主であっても、このような専門家の手を借りれば安全に住宅を購入することができるのです。

ただし、他の分野の専門家と同様、ホームインスペクターにも様々な人がいますので、その選び方には注意を払わなければなりません。
ホームインスペクターを選ぶうえで注目すべき最も重要なポイントは、その実績です。

専門家としての実績はどうなのか、どのような建物を診断することを得意としているのかきちんとを確かめておきましょう。
ホームインスペクターであっても必ずその人それぞれの得意分野と苦手な分野があり、木造やコンクリートなど、すべての建物の診断を得意としている人はいません。

この点は司法書士や弁護士などの選び方と同じです。
「無料で検査します」などのうたい文句で宣伝しているホームインスペクターにも注意が必要です。
不当に安い検査料を提示しているホームインスペクターには必ず裏があります。
ここでも、適正料金を提示している人に依頼するのが基本です。

次に重要なポイントは、そのホームインスペクターのコミュニケーション力です。
これは、特に中古の住宅を購入するときに重要となってきます。
中古住宅購入の場合、ホームインスペクターによる住宅の検査を終えたあとは、購入を仲介する不動産会社と物件の売り主と購入後のアフターサービスなどで長年つき合っていかねばなりません。
このため、悪い印象を与えることなく、彼らと良いコミュニケーションを取れるホームインスペクターを選ぶことが大切です。

さらに、ホームインスペクターがどこかの会社と癒着していないか、ということを確認することも初してはいけないポイントです。
特に、不動産会社やリフォーム会社などが住宅の検査を行う場合は要注意です。
このような場合、第三者の立場で住宅検査が行われなくなり、本来報告すべき欠陥住宅の事例がきちんと報告されなくなる恐れがあるからです。