欠陥マンションを避けるためには

マンション会社が以前建てたものを見に行くのも手

マンションを購入する場合であっても、決して欠陥住宅と無縁であるとは言いがたいです。
マンションにおいても、他の住宅建設と同じく、騒音や雨漏りなど数々の欠陥工事や手引き工事の事例が報告されています。
マンションの建設工事には一つの業者が関わってないことが一般的となっているため、業者選びは通常の住宅を建てるよりもとても厄介なものとなっています。
なぜならマンションの工事は住宅の建設の時よりもはるかに多くの下請け業者や大工などが手がけているからです。

しかし、これで手抜き工事や欠陥工事をしないマンション建設の業者を見つけることは不可能なのか、というと、必ずしもそうではありません。
欠陥住宅の事例となりうるマンションを購入しないための有効な防御策には、実際にマンションに住んでいる人たちの話を聞くというものがあります。
好印象だと思ったマンションに足を運び、実際にそこに住んでいる人たちからそのマンションはどこの業者が建てたのかという話を聞いたり、住みごこちや設備の使い勝手、そして、マンション補修などのアフターフォローにそこが誠実に対応しているか、といった評判を聞けば、どの建設業者が良いマンションを建ててくれるのかということがわかるようになります。

もっと具体的なポイントから欠陥住宅の事例とならないようなマンションを建ててくれる業者を選ぶには、工事の監理態勢がしっかりとしている業者を選ぶようにすることです。
きちんと図面通りにマンションの施工をするように現場の工事を監督している業者を選ぶことが、良いマンションを選ぶことにつながります。
そのためには、自分が選ぼうとしているマンションの監理を担当している会社が過去に手がけたマンションを実際に見に行き、そこの住人に住みやすいかどうかきいてみることです。

また、欠陥住宅の典型的な事例とならないマンションを購入するための一つの手段として、そのマンションに住むことを予定している住民たちどうしで協力しあって住宅診断の専門家を雇い、マンションの工事現場を監理するという手段もあります。
しかし、この方法を実行に移すためには、法律上マンションの売り手側の工事監理者も設けなければなりません。

マンションの欠陥を見抜くには、この他に、マンションの購入契約をする前に、工事をする業者とは一切関係のない第三者の建築士に一緒にその設計図を見てもらうという方法もあります。
この方法だと、マンションの欠陥を見つけるために買い手側がいちいち設計図の予備知識を身につけるという手間を省くことができます。